電子工作初心者がジャンパーピンで回路作成

 1. はじめに

このサイトは、「ジャンパーピンボード」という新しい回路基板作成法を提案しています。あまり聞きなれない「ジャンパーピン」。貫通孔が2つあり、内部が金属で繋がっているプラスティック製の小さな部品です(右図)。これにLEDや抵抗など電子部品を挿入し、繫いで回路を形成する(下図)。半田付けは不要。簡単・安価・コンパクトな回路が可能です。ブレッドボードに代わるもの、半田基板との中間として、あるいは学習用回路保存基板として、また実用回路としての有用性を探っていきたいと思っています。

このサイトは、電子工作超初心者が運営しています。初めて”回路図”を見て、実際に部品をさわり、手を動かして工作し、回路を構成し、原理を理解する、その過程を『学習ノート』として自分用に残していくためにも作成しています。回路を正しく動作させるとともに、自分の思いつきを「ジャンパーピンボード」で実験して失敗と改良を繰り返し、この方法の妥当性を検証していきます。

電子部品・回路については全くの無知でしたが、たくさんのサイトで学習させていただいています。回路図作成やシミュレーションソフト、ホームページ作成に関するサイト等々、改めて感謝いたします。主だったサイトは「参考にさせていただいたサイト」にまとめています。各項目に関するサイトは記事内にも掲載しています。

コンテンツ

1.はじめに
2.ジャンパーピンボードに至るまで
3.新回路基板材でLED点灯回路
4.ジャンパーピンをくっつける
5.LEDの順電流と順電圧の測定実験
6.電流値とLEDの明るさ:CdSで測定
7.トランジスターの組み込み
8.三端子レギュレータで5V電源


次頁では、ジャンパーピンに至った経緯を説明します。

>|2.ジャンパーピンボードに至るまで>>

Copyright © NTakGoma Corp. 2016. All rights reserved.